今週の振り返り 2017年11月6日〜11月10日:調整相場が到来

現物保有株

・6054 リブセンス▲51,700円 => ▲48,600円
・9517 イーレックス +133,500円 => +79,000円
・6618 大泉製作所 +732,000円 => +690,000円
・9418 U-NEXT +45,500円 => +60,500円
・1401 エムビーエス+24,300円 => +21,600円
・6337 テセック -22,200円 -31,000円

信用保有
・4783日本 コンピュータダイナミックス+252,238円 => +171,723円
・6172 メタップス+17,117円 => +27,440円
・4770 図研エルミック -24,254円
・6337 テセック -185,662円 => -221,343円
【損切】9913 日邦産業

投信(THEO)

リターン率:前週7.60% 今週 8.02%  ついに8%回復。

資産合計

THEO 277,485円 前週比:+2070円 / 5000円入金(前週比:+0.77%)
株式 4,170,490 円 前週比:-293,522円(前週比:-6.58%)
総合計 4,447,975円 前週比:-286,452円
年初来 現価格/350万 +947,975円(35.26% => 27.08%)

今週のコメント

今週は先週決算ギャンブルで抱えた損失を損切りできず放置した一週間でした。
値戻りは短期的には期待できませんが、銘柄の成長性に期待してしばらく様子を見ております。
しかし、日経の下落が開始。この展開はひと揉みありそうな感じですが、そこまで大きい調整は来ないのではないかと見ております。

参考までに過去のイールドカーブの推移を調べていましたが、イールドカーブがフラット化すると暴落が起こると言うのはITバブルやリーマンショック級のレベルでしか発生しておらず2015年のチャイナショックレベルの下落では見られない減少でした。

今回仮に調整が発生するとするとチャイナショックレベルが最大値ではないかと見ております。

ちなみに岡崎良介氏が書いている相場ローテーションの中では20%の下落が発生すると相場転換が起こると書いています。 チャートを抽象化し上値と下値の転換点を見るとわかるようです。

個人的な見解ですが、米国の税制改革が1年先送りになったと言う点、FRB後任議長が金利引き締めにあまり積極的でない傾向からもあと1年は上昇相場が続くのではないかと予想しています。
その前に調整相場は確実に来ると見ていますが。

次の調整相場で仕込みができるかが来年のPFの成績を左右しそうです。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です