今週の振り返り 2017年4月24日〜4月28日:回復傾向

現物保有株

6054 リブセンス 取得単価:1,064円 100株 ▲57,600円
6618 大泉製作所 取得単価:500円 1000株 +36,000円
9517 イーレックス 取得単価:1,219円 500株 +58,500円
9418 U-NEXT 取得単価:890円 300株 +16,200円

信用保有

6037 ファーストロジック 建単価:2,452円 300株▶500円 -28,212円
4346 ネクシィーズグループ 建単価:1,430円 500株 +32,665円
6050 Eガーディアン 建単価:1674.2円 500株 +6,844円

投信(THEO)

リターン率:前週5.75% 今週6.74% 米国の税改正案が発表され上昇転換。

資産合計

現金残高 1,562,224円
株式 1,536,000円
評価損益額 +11,297
THEO 138,882円 前週比:+2,757円
総合計 3,248,403円 前週比:+58,546

 

今週のコメント

2週連続のプラス展開。下落相場での対応が反転時のリターンに結びつくことが顕著に分かった一週間でした。ベテラン投資家の方々は損失分を早くもペイしている人が多く下落時を想定した対策をしっかりと考える必要があると感じています。現状新興企業に偏った投資を行っている影響もあり日経平均の上昇を捉えたリターン獲得が今後の課題。

また中長期投資を視野に長い付き合いのできる銘柄に絞った運用を検討。

 

今週の振り返り 2017年4月17日〜4月21日:底値からの反転

現物保有株

6054 リブセンス 取得単価:1,064円 100株 ▲58,000円
6618 大泉製作所 取得単価:500円 1000株 +12,000円
9517 イーレックス 取得単価:1,219円 500株 +32,000円
9418 U-NEXT 取得単価:890円 300株 +1,500円

信用保有

6037 ファーストロジック 建単価:2,448.33円 300株 +26,132円
4346 ネクシィーズグループ 建単価:1,430円 500株 ▲4972円
6050 Eガーディアン 建単価:1674.2円 500株 ▲19,822円

投信(THEO)

リターン率:前週5.85% 今週5.75% 徐々に減少傾向。米国指標も下落転換の兆し。

資産合計

現金残高 1,581,994円
株式 1,470,400円
評価損益額 +1,338円
THEO 136,125円 前週比:-258円
総合計 3189857円 前週比:+79105円

今週のコメント

2週続いていた下落街道がようやく落ち着き反転ムードに。有事を想定した地合の悪化も一旦は落ち着いた模様。決算シーズンに入るので好決算企業には期待をしたいところ。ただチャートのパターンは一時的な戻しに見えるため早々に利確をしてポジションを考えた動きが必要と思われる。

 

今週の振り返り 2017年4月10日〜4月14日:地下深く眠る

現物保有株

6054 リブセンス 取得単価:1,064円 100株 ▲59,600円
6618 大泉製作所 取得単価:500円 800▶1000株 ▲26,000円

信用保有

6037 ファーストロジック 建単価:2,440円 200株 ▲4,443円

投信(THEO)

リターン率:前週6.78% 今週5.85% 徐々に減少傾向。米国指標も下落転換の兆し。

資産合計

現金残高 2,458,012
株式 520,800円
評価損益額 -4,443
THEO 136,383円 前週比:-1,251円(+20,000円入金)
総合計 3,110,752円 前週比:▲530,152円

今週のコメント

先週から更なる下落によってこの2週間で100万円を超える損失を計上。戻しもあるかと狙っていた期待銘柄もダムが決壊したかのごとく底値を割って下落を続けた。週末の北朝鮮イベントでの開戦が起こった場合のリスクを考えるとここはポジションを減らし現金化するしかないと判断しほぼ全ての持ち株を売却。
唯一NISA枠で残した大泉製作所は1年以上の長期投資狙いでホールドを決意。

2017年年始からの損益金合計が-50万円を突破。40万近いリターンを得ていたところからの下落なので実質90万円近い損失。

これまでの市場の上昇トレンドペースが早すぎた分下落時の下げ幅も大きいと痛感。トレンドは完全に下降へ転換したので、押し目買いはタイミングをしっかりと読んで指したいところ。
4月中は大きく戻すことはなさそうなので、長期投資銘柄の選別と空売りの学習を続ける。

今週の振り返り 2017年4月3日〜4月7日:奈落の落とし穴

現物保有株

6054 リブセンス 取得単価:1,064円 100株 ▲54,000円
3674 オークファン 取得単価:984円 400▶500株 ▲33,000円
9418 U-NEXT 取得単価:948円 1000株 ▲10,000円
6618 大泉製作所 取得単価:500円 800株 0円
2388 ウェッジホールディングス 取得単価:758円 500株 -8,500円

信用保有

6618  大泉製作所 建単価:523.25円 3400▶2000株 ▲50,936円
6037 ファーストロジック 建単価:2,455.8円 500株 +226,501円
1430 ファーストコーポレーション 建単価:1017.2円  1000株  +14,000円
4346 ネクシィーズグループ 建単価:1454円 100 +2,946円
9418 U-NEXT 建単価:947.9円 1000 ▲11,127円

投信(THEO)

リターン率:前週6.91% 今週6.78% 若干の減少

資産合計

現金残高 1,125,186円
株式 2,216,700円
評価損益額 +181,384
THEO 117,634円 前週比:-331円
総合計 3,640,904円 前週比:▲567,990円

今週のコメント

現実は残酷でした。信用取引を開始して本格運用に入ってから初めて大幅な下落相場を体験しました。いつもの下落とは大きく違い昨年9月の米国大統領就任時の空気の転換とは真逆の下落転換の空気を味わうことができました。

日経平均がテクニカル的にもぎりぎりのラインを推移していることを知っていながら、初日の下落転換時に損切りを決断できなかったことが結果的に大きく損失を膨らませる原因となりました。また信じて購入していた大泉製作所が底値を割ったことが判断を鈍らせてしまいました。

しかし下落相場こそ買いのチャンスと思い本日が底値と読み追加買いましを実行しています。正直心理的にこれ以上損失を増やしたくないと言う強い恐怖心に打ち勝つのは用意なことではありませんが、自分が投資した銘柄の中で特に注力銘柄にあげていた3銘柄のうち2つは大きく下げることもなく、推移しているため自分の銘柄選定は間違っていないと自信を持つきっかけにもなりました。

あとは適切なタイミングで売買をできるかが勝負。

来週相場がどう動くかが気になるところですが、ハネムーン期間は終わったと自覚し好業績銘柄に注力した投資運用を徹底したいと思います。

2017年1-3月の投資成績:6%の黒字化

2017年もはや3ヶ月が経過し新年度となりました。会社決算と同じく四半期ごとの成績を振り返っていきたいと思います。 禁断の果実1Qの成績は+6%の黒字化となりました。投資開始時からの赤字額は巻き返しを図る展開です。4月も黒字化が続いているため今月でトータルでの黒字転換を実現したいところですね。

損益金額推移  2015年からの通通算成績:-354,697円
1月 月次: -35,925円 累計: -35,925円
2月 月次: +45,579円 累計: +9,654円
3月 月次: +231,391円 累計: +241,045円
3ヶ月合計 3月末時点の資産:4,193,032円 利率:+6%