2018年1月22日〜1月26日(前週比10.45% / 年初来29.02%)/ 仮想通貨終焉の時

 

いよいよ最後のトリガーが引かれたようです。ここで押し目とか言って突っ込む強者がいますが、もう当面戻ってこないのは確定でしょう。
バブルにしてはインパクトが少ないのがまだ復活の余地を匂わせますが、仮想通貨マネーが引き上げられた後どこにマネーが流入するのかが気になるところです。

今週も引き続き上昇トレンドを継続し、円高トレンドからの日経調整もありましたが保有銘柄は堅調に推移しFYを更新中です。

今週の注目は4240 クラスターテクノロジー 年始から大穴銘柄として仕込んでおりましたがいよいよ新高値を試す展開が到来しております。
来週からいよいよ保有銘柄の決算も始まりますがこのままホールドで通過を待つのみと考えております。

2018年1月15日〜1月19日(前週比8.10% / 年初来16.80%)/ 年初初利益確定!

 

先週に続き今週も更なる上昇トレンド継続中です。
年末に仕込んだヒーハイストがこの短期間で300円近い上昇。3000株保有していましたが、ボリバンで+3α抜けて上昇しだしたので利益確定。
調整展開になると予想して、決算後くらいに再度トライしようかと考えています。

さて今週から仕込み銘柄を公開することとしました。
大穴狙いで購入しているのが 4240のクラスターテクノロジーズ  有機ELの印刷方式需要に対応する独自技術を保有しており、今後国内での有機EL製造が印刷方式主流になる可能性が高いことから購入を決断しました。
上記は10バガートピックですが、それ以外の分野でも堅調な業績となっており今期黒字化をでの上昇トレンド転換が発生すると考え仕込んでおります。

もう一銘柄。年末にヒーハイストと並べて仕込んでいたクラウドワークスですが調整局面に転換したため様子を見ておりましたが次の決算でそれなりの数値が出てくると見ておりしっかりと仕込んでおります。

相場はビットコインの暴落などバブル終焉の匂いが少しづつ出始めています。
株価もこのまま続けての上昇トレンド継続は厳しいでしょうから1月後半あたりに一度調整局面が来ると見ております。

ヒーハイストを利益確定したことで今年のスタートダッシュは良い流れとなりますが、ここで終わらぬよう次の銘柄の上昇を待ち淡々と運用していきます。

2018年1月9日〜1月12日(前週比5.16% / 年初来8.06%)/ 連騰からの調整入り?!

今週も引き続き上昇が続きました。週後半は流石に調整の色が出てきましたが
それでも相場はかなり勢いのある状況を維持しているようです。
株以外のところでは円安とビットコインの下落あたりが気になるところです。
そのあたりの情勢が悪化してくると株にも影響が及んで来るのではないでしょうか・・

ただ日経平均の調整局面で新興株へ資金が流れ込む可能性はあると見ているので
もうワンステップ上昇トレンドが継続すると期待しております。
また2月にかけて決算シーズンに入っていくことも考えると銘柄の選定次第でよい流れは作れそうです。

今週は新規取引は一切行いませんでした。
新規で仕込み中の2銘柄については地合いを見て調整局面がもう一段来たタイミングで買い増しを考えています。 来週も相場がこのペースで上がるようであれば一旦利確して再インも視野に入れています。

決算発表で言うと1401エムビーエスが上方修正を発表
https://kabutan.jp/stock/news?code=1401&b=k201801100077

納期ずれによる売上高の減少があったもののその他の数値はよい流れです。
期待が高かった分価格の調整が入りましたが1000円が射程圏に入ってきたと見ています。もう一回調整が来てくれれば買い増ししたいところですね。

保有銘柄は後は2月決算ばかりですのでしばらく様子見ですが、4783 日本ダイナミックは決算前に新高値を更新しそうな気配です。

 

2018年1月4日〜1月5日(年初来+2.76%)/ 虎視眈々と仕込む

年始から日経平均が爆走しています。
こんなに上がるのか?!と言うほどの上げ相場を目の当たりにこの後の調整が大きいものになりそうで不安がよぎりました。

さて今週は年末に仕込んでいた銘柄が狙い通り上昇を迎え順調なようです。
ヘッジのため日経レバを空売りかけて置いていたものが損失膨らんだため損切り。-10万円ほど計上しましたがそれでも+2.76%のリターン。
主力の大泉製作所、日本ダイナミックスがまだ覚醒していないことも考えるとよい走り出しです。

今年から仕込み銘柄は一次的に伏せることにしました。
色々とリサーチをして監視銘柄を厳選しているのですが、その中から2銘柄を今年の大テーマとして先行投資することにしています。
来週もこのペースで上げるようであれば一部利益確定して現金率を高めます。
チャイナショック級の調整が来そうでこわい・・

■取引履歴
・USEN-NEXT HOLDINGS (9418)を売却
NISA枠でしたが上昇がまだしばらく見込めないと判断し現金率高める目的で利確。

・新規銘柄A  1000株購入
=> 長期投資。1年で3倍。5年で40倍を想定して投資中。
・新規銘柄B  1500株購入
=> 半年で3〜5倍は固いと見て投資しています。
ただし思惑が当たれば

2018年の目標と投資方針

年末年始にかけて昨年の成績を整理したり売買した銘柄の動向調査などをしていました。
昨年は上昇相場もあって界隈の個人投資家の方々の凄まじい成績を目の当たりにしつつ目標に程遠い結果に終わった自分の成績を振り返っていました。

今年は自分の投資手法を確立することがスタートラインです。
ある程度目安になる基準は設けているもののもう少し解像度を上げた売買ルールの確立が必要かなと考えています。
またブログを週1回振返りも兼ねて更新してきましたが、この習慣は過去分析において役立つため今後も継続をしていきます。
ただし投資信託など株のノイズとなる情報は今年から除外します。
株の成績についても一部買いの銘柄は伏せて公開するなどの処置もしようかなと検討しています。

さて今年の目標についてですが、昨年2017年から振り返ると年初来27%の成績でした。
2018年は切りよくスタートするため株式投資に使う資金を少し追加し500万円からスタートとします。

■目標
2018年の株式でのリターン目標は2000万円を設定してみます。
目標リターンは300%となるためかなりハードルの高い話ですが、上昇相場が2018年後半にかけて終息へ向かうと見ているためこの1年で大きくリスクを取り挑戦するのが適切かと考えています。
※目標は10億り人なので程遠い

30代のうちに資産10億円を超えることが目標なので中期計画では毎年3倍づつ資産を増やしていく計算です。 今年は3000万円

■投資手法
昨年は決算ギャンブルや上昇中の銘柄に手を付けて痛い目を見ました。
1年間の売買を振返り損失の上位が情緒的な売買によるものが大半であることがわかったため一切情緒的な売買を行なわないよう損切りルールを明確にすることにしました。

・最大損失は10% それ以下になる場合は躊躇なく損切り
状況みて上がらなそうなものは5%で損切り
・短期始点の銘柄購入は行わない。決算日の購入はNG
少なくとも3ヶ月以上保有できる銘柄を仕込む
・購入時に目標株価、その株価をどのくらいの時間で達成するのかを設定する
目標株価、時間を決めておくことで目標への推移を四半期毎に算出します。
上振れ、下振れした時点でポジション調整をします。
・購入する銘柄数の削減
昨年は情緒的な売買で銘柄数を増やす場面がありましたが、今年は厳選して投資をします。多くても8銘柄以内。5〜8銘柄を順次入れ替えて運用する予定です。※たまに短期売買を小ロットを動かす場面はあるかも

買う銘柄の選定については昨年時点で上昇する銘柄の選別がある程度できていることがわかっているので今年はそのフィルタリングで監視強化を行うこと。
また売買ルールを明確にし損失を極力下げることで大きくリターンを上げる想定でおります。

既に今年購入する銘柄は決めているので購入後にブログでもご紹介しようと思います。
また既に購入済みの銘柄については目標株価、保有期間を別記事にて公開する予定です。

以上になります。

まだまだ未熟者ですがTwitter、ブログを通じて他の投資家の方々の情報も参考にしつつ今年は自分のスタイルを確立できるよう精進していきます。