2018年8月20日〜8月25日(前週比4.27% / 年初来-0.43%)生命線

テリロジー様様です。
忙しいのもありあまり相場を見れていませんが、1つの仮説として分散投資が結果的にマイナスへ働く要因になっているのではないかと考えています。
このまま上がり調子に相場が上向くとも思えないので考えどころですね。

最近は需給とは何なのかをずっと考えています。
今まで売り枯れは知っていたものの、実際にそれを実行している相場を見たことがありませんでした。
下記のツイートが非常にわかりやすい説明をしてくれています。
結論機関投資家が焼かれることになりそうですね。浮動株比率を見て投資判断すると言うのも一つの観点なのだと思います。 テリロジーはまだ始まったばかりです。

2018年8月13日〜8月17日(前週比-4.59% / 年初来-4.51%)死んでいく人々

この下げ相場は本格的な下落相場の始まりか、はたまた個人による演出なのか?
個人的には夏枯れが終わると上昇トレンドへ転換すると予想しています。
信用取引を減らしているので最悪寝て待つ戦略も取る方針で仕込みを淡々と行っております。

テリロジーは本番がここから始まりますかね。
予想では1ヶ月後に2000円突破してるんじゃないかと考えてます。
今週もおつかれさまでした。