2018年3月5日〜3月9日(前週比 -1.03% / 年初来17.26%)

 

MSQも今週で終わりです。
いよいよ上昇への転換と言ったところでしょうか。
北朝鮮の核実験凍結などリクス要因が減っていることも今後の相場を上昇させる材料になりそうです。

さて個別株ですがMSQ前後を狙って仕込もうと考えていた銘柄を指値でこつこつ集めております。
来週もこつこつ無理のない範囲で買いましていく予定です。

2018年2月26日〜3月2日(前週比 -4.64% / 年初来18.48%)

 

日経平均の連れ安で下値を試す展開が来ましたね。
金曜段階で二番底を狙う動きと判断し信用分はすべて売却しました。
来週のメジャーSQが焦点になりそうなので、そこまでは様子見とヘッジかけて待機しようかと思います。
仕込みたい銘柄はオーバーシュートになったら買い増していこうかと思います。

新興は思ったほど下げないのと個別株は上がるものは上がり続けている印象です。ただ週明けも下がることが想定されるので一時的に下に引っ張られる展開が来るならチャンスですね。

2018年2月19日〜2月23日(前週比 6.90% / 年初来24.24%)/ 優待放置プレイ

今週の取引は信用持ち株をすべて売却し有り余るキャッシュポジを優待株へ投資した週でした。週後半は優待株放置の展開で相場をほぼウォッチせずメンタル的なストレスもない平和な平日を過ごすことができました。
こういった局面では自信のある銘柄以外はポジを持たないことが重要かなと感じております。結局このまま右肩上がりに相場は回復しないでしょうからしばら上下変動の波に揉まれるのは確実でしょう。

個別株の動き

・日本コンピュータダイナミクス
今週はかぶたんがシェアサイクル銘柄を押してくれたおかげでようやく暴落前の1600円台へ戻ってくることができました。次の決算までに2000円超えは来ると見ているのでこのまま放置です。

・優待株
KABUDONさんの優待株記事を見て日常で使えそうな優待銘柄を選別購入しました。優待株を権利日前に仕込むのは初めてなのですが、一般信用つなぎ売りの仕組みがよくわからず間違えて制度信用で数名柄仕込んでしまいました。
優待還元が1000円〜3000円の特典なので実際これだと利がないのでは?!とやってしまった感がありますが勉強代です。
実際みなさんどのように購入されているのかが気になります。

あとわからなかったのが、権利確定日と権利落ち日にいて
営業日で3日間のタイムラグがあると言う説明が調べると掲載されているけど今月の優待って土日はさんで優待落ちが月曜に来るんですよね。これは合っているのか? と謎が謎を深め1時間ほど調べていました。

それ以外にも優待権利を獲る条件として権利確定日当日に株を買って持ち越しすれば確定なのか? 権利落ち日に株を売っても権利確定なのか? など不明点が出てきてモヤモヤしています。

ご経験者の方、ぜひ解説をTwitterでいただけると幸いです。

来週も少量の取引のみに抑えてウォッチ状態を続けようかと思います。
二番底が到来する場合は仕込候補を用意しているので出動ですかね。

今週もおつかれさまでした。

2018年2月13日〜2月16日(前週比 -3.45% / 年初来16.23%)/ 荒波に揉まれて

円高に揉まれています。
主力の大泉製作所が円高弱く大幅に下落中です。
3年は持ち続ける覚悟なのでどんなに下がってもNISA枠分は売りませんがね。
いっぽうでもう一つの長期投資銘柄エムビーエスが結構強い動き。
ジリジリと下げているもののこの下落相場で値動きも小さく底堅い動きをしていることに安心しました。
エムビーエスも3年はホールド前提で仕込んでいるので後は寝て待つだけの展開です。

今週は底値を掘る展開もあり週後半にようやく転換が始まったため損失を取り戻す戦いはこれからかと思われます。
まだ二番底が来ていないのでどこかではまた下落するのでしょうが、現物で収まる範囲に留めつつスイングトレードでコツコツ積み上げる戦略に切り替えようかと考えております。

来週もがんばりますー!

暴落時の売買振り返り:2018年2月2日〜2月9日

2月2日の暴落から1週間の取引を振り返ってみました。
ここまで年始からのリターンは含み益で抱えており2月2日朝時点では最高750万円(年初来50%超え)まで含み益が増加していましたが、その朝をピークに旧転落。週明け2日で暴落をくらい結果的に600万円(年初来20%)まで下落する大打撃を受ける結果となりました。
今回判断を一日早めていればほぼ損失は防げた展開でしたが、ダメだと思った瞬間にすぐ決済へ動くアクションをしたことは結果的に年初来マイナスへ展開する最悪の展開を防ぐ要因になったと考えます。ただし狼狽買いやヘッジをかけるなどの手段を講じていなかった点は反省につきます。暴落の予兆は以前から出ていたこともあり今回は調子に乗ったのがまずかったなと実感しております。

損益金額合計
655,750円(内税:133,209円)

2月2日(金)トレード履歴
・9517 イーレックス 800株 売却  -40728円
決算が想定以下だったため撤退を決断。この時の株価が950円前後。後に暴落で750円ほどまで下落。売っておいて正解。

2月5日(月)トレード履歴
・3900 クラウドワークス 1500株 売却  -78436円
この日は持ち株の中で唯一値崩れしていたので損切り。決算期待銘柄でしたら実績がない以上売られると考え撤退したのが正解。売却時1000円を超えていた株価が800円を割る展開に

・3842 ネクストジェン 500株 売却 +85513円
5G次世代通信規格の筆頭。チャートがよかったので購入していましたが狙い通り上昇。業績が毎年4Qに逆転する銘柄のため今回3Q通過は厳しいと判断し売却。案の定翌日から値崩れ開始し決算でとどめの一撃でした。売却時2300円代だった株価が2000円を割る展開に。1日判断を間違えれば損失が出ていました。

2月6日(火)トレード履歴
本格的な下落相場到来。日経2連続下げで窮地に。

・3441 山王 700株 売却 -113554円
上昇トレンドで調子に乗っていたタイミング。チャートの良さと水素自動車が大穴で来そうな気配も感じ仕込を決断した銘柄でした。瞬殺でやられてしまい損切り。業績を見て投資余地はあると考え現在買い戻している銘柄です。

・6433 ヒーハイスト精工  500株 売却  -171,575円
年始から成績に最も寄与しているヒーハイスト。初動の上昇で900円手前で利確をしておりましえたが、値崩れせず強い展開が続いていたため買い戻しをしたものが被弾。チャート的に崩れると底なしになりそうだったので早々に撤退。業績を分析して今期上方修正が濃厚であることから次の3Q決算上振れは必須と見て仕込み直しました。まだまだ上値余地はあるので下がれば追加します。

・7726 黒田精工 500株 売却 -74200円
こちらも来週決算の銘柄でチャートがよかったので購入していたものです。暴落前に上昇を初めていましたが利益確定には弱いためホールドした結果見事に喰らいました。もう少し早く判断していれば利益が出ていたのが反省点ですね。

・1401 エムビーエス 700株  売却  +74007円
長期投資銘柄ですが、信用分をやむなく利益確定。やはり業績が伴っているだけあって下落幅も狭く強い銘柄でした。売ってしまったことを後悔していますが時期が来ればまた買い戻せばいい銘柄なのでじっくりと付き合っていきます。

・3150 グリムス 1000株 売却  -80,358円
暴落による狼狽買い1号案件です。またしてもグリムスか!と言いたくなりますが、前回決算ギャンブルで見事にやぶれ20万ほど損失を計上した悔しさから次の決算が好業績であると言う期待でつい暴落の最中に買ってしまいました。当然ながら高値掴みとなり耐えられず即日決済。火傷しました。。

・4240 クラスターテクノロジ 1500株 売却 +176846円
主力銘柄として3000株を仕込んでいました。前日の暴落初日にプラスで引けるなど強い動きだったため自信を持ってホールドしていたことが仇となり、値崩れへの対応が遅れました。80万ほどあった含み益から考えると悔しくてなりません。。この時点では半分のポジをまだ握った状態です。

・4783 日本コンピュータ・ダイナミクス  500株 売却 +316754円
半年前に仕込んでから中期を視野にいれガチホールドしていた銘柄です。3Q決算が2月1日にあり好調であることが証明されたため上値を試す展開が来ると見込んで待っていましたがこちらも暴落の影響を受けてしまいました。1400円代で売却を決断したため、決算時に利益確定していればよかったと後悔もありますが、暴落トレンドが終われは上へ行くのは間違いないと見ているため買い戻しています。

2月7日(水)トレード履歴

・1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型  130株 売却 + 118661円
相場の小幅反発を受けて空売りを展開。見事に相場の動きは当たりヘッジ成功。この時点では半分ほど運用銘柄のポジ削減済み。ここで踏みとどまれるか考えての判断。

・4240 クラスターテクノロジー  2500株 売却 +161976円
1000株を買い増しからの全売却。
ここまで下げ渋っていたクラさんですが、後場で一気に売りくずられていました。数日前に大口が数万株をまとめて買う動きがあったのですが、その輩が引けにかけ一気に売りをかけてきました。おそらく耐えられなかったのでしょう・・
危険を察して全株売却を決断した結果薄利ですが利益確定。。
結果的には買値まで戻す展開となったため早く売却を決断することが勝負の分かれ目だったと考えます。売って正解でした。

・6618 大泉製作所 1000株 売却 +48639円
長期投資でずっと大泉の値動きを見てきていますが、底値で粘る動きが見えたためスイングで1000株購入してました。決算前でリスクも高いため早々に利益確定。

・6334 明治機械 4000株 売却 -67993円
狼狽買い第二弾。。今年のトレードルールで決算ギャンブルはしないと宣言していたにも関わらずやってしまいました。。 前回決算が不調だったので業績の推移を見ると今回は上方修正するのではと言う憶測と割安なPERが購入のトリガーとなってしましました。。 結果的には惨敗。買う前に既にある程度下げていたこともあり決算ではそこまでの下落にならず救われましたが明らかなギャンブルトレードなのでこういった取引をどれだけ鉄のルールでやらないようにするかが重要と反省しております。

2月8日(木)トレード履歴

・7157 ライフネット生命保険 2000株 売却 -10357円
中長期投資銘柄としてウォッチしているライフネット。年始から何回か買い集めては手放してを繰り返しています。今回は決算を狙おうかと考えていましたが、この暴落局面でも-3%程度の調整しか発生せず期待値の乗っていない銘柄を今回わかりました。ただし業績が黒字転換するかが重要なためそこを見極め結果的には手放す判断をしました。まだ先のようです。

2月9日(金)トレード履歴

・1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型  100株売却 +109064円

最後に再度ヘッジをかけた日経レバで薄利ながらこつこつと損失分を取り戻す動きをしております。

2018年2月5日〜2月9日(前週比-17.23 / 年初来20.38%)/ 見事に喰らいました。。

 

今週は大暴落Week到来。信用買い全力で挑んでいたため直撃コースで撃沈です。
先週金曜時点でダウが下落していたことはわかっていましたが、月曜日中の取引で界隈の投資家が下落トレンドの中、自分だけ被弾していないことが調子に乗る要因となってしまいました。。結果的にそこで撤退を決断できなかったことが最大の敗因となりました。

値下がりを耐えていた主力銘柄、クラスターテクノロジー、日本コンピュータダイナミクス、ヒーハイストそれぞれ値崩れをお越し下値を試す展開。
なかでもクラスターTは買値まで戻す展開となり仕方なく薄利ながら利益確定。

今回のような暴落はめったにお目にかかるものではないので勉強代に100万円突っ込んだと思いこの記録を入念に振り返り反省をしようと思います。
暴落時からの売買振り返りはまた別エントリーで書きます。

今回の暴落で一番の反省点は高値圏を取り続けているにも関わらず一切ヘッジをかけていなかったことです。初動の下落時にヘッジをかけていればここまで損失が大きくなることもなかったでしょう。
逆に今回よかった点は中長期で持ち続ける覚悟のある銘柄がどれなのかを明確に認識することができたことです。どんなに下がっても持ち続けられる銘柄と言うのは強いですね。

最後に相場感についてですが、今朝のラジオを聞いていて今回の暴落は意図的に仕組まれたものだと言う見解が非常にしっくりきています。
サウジ系マネーが大きく現物売りされたのが要因とのことで、おそらく今夜が底値と見てよさそうな流れかと。
日本は3連休でありリスクを取りづらい相場であることも考えると今日が仕込日と考え業績の連動している銘柄をいくつか仕込ました。
さすがに暴落がこれ以上こない保証はないため現物で補填できる資金に抑えましたが更に下がるようであれば買い増しを考えます。

まだ年初来20%を維持できているのでここで諦めず、2月黒字展開へ向け邁進していきます。

2018年1月29日〜2月2日(前週比12.73% / 年初来45.44%)/ 年初から5週続けてブレイク

年始からの上昇幅が週ごとに大きくなっており、そろそろ天井が来そうな予感です。ただ持ち株の決算発表がスタートしたため、再来週までが結果待ちのスタンスで様子を見ていこうかと考えております。

先週から仮想通貨界隈が慌ただしいですがネム以外の通過も暴落をしている点を見るとバブル崩壊のトリガーはもう踏まれたと見て間違いないのかなと考えています。株もそろそろ危ないのかなと考えてますが、持ち株は地合い悪い中YH更新し続けていますので来週も記録更新を期待したいところです。

今週の取引について
・イーレックスを全売却
昨年からホールドし続けていたイーレックスですが、4Qに向けてついに上昇トレンドへ転換するかと思いきや失速。半年スパンで考えると期待値が低すぎるため撤退を決断。

・ネクストジェン
5G通信規格の本命。業績予想が怪しいところですがチャートがいい感じなので上がると見てイン。早速狙いが当たりました。

・黒田精工
・山王
こちらも業績がよいかつチャートもいいので購入

持ち株で貢献してくれた銘柄では大本命 クラスターTがついに上昇を開始。
このまま1000円を超えて突き進んでくれることを期待。
日本コンピュータダイナミクスは予想通りの好決算。残り4Qまでに上方修正がでるのは濃厚なのでこのままホールドし続け目標株価到達を狙おうか考え中です。

2月はこのハイペースで上がり続ける相場でもなさそうなので利確できるタイミングで確定させ現物比率を高める動きもしていこうかと思います。

今週もおつかれさまでした。

2018年1月22日〜1月26日(前週比10.45% / 年初来29.02%)/ 仮想通貨終焉の時

 

いよいよ最後のトリガーが引かれたようです。ここで押し目とか言って突っ込む強者がいますが、もう当面戻ってこないのは確定でしょう。
バブルにしてはインパクトが少ないのがまだ復活の余地を匂わせますが、仮想通貨マネーが引き上げられた後どこにマネーが流入するのかが気になるところです。

今週も引き続き上昇トレンドを継続し、円高トレンドからの日経調整もありましたが保有銘柄は堅調に推移しFYを更新中です。

今週の注目は4240 クラスターテクノロジー 年始から大穴銘柄として仕込んでおりましたがいよいよ新高値を試す展開が到来しております。
来週からいよいよ保有銘柄の決算も始まりますがこのままホールドで通過を待つのみと考えております。

2018年1月15日〜1月19日(前週比8.10% / 年初来16.80%)/ 年初初利益確定!

 

先週に続き今週も更なる上昇トレンド継続中です。
年末に仕込んだヒーハイストがこの短期間で300円近い上昇。3000株保有していましたが、ボリバンで+3α抜けて上昇しだしたので利益確定。
調整展開になると予想して、決算後くらいに再度トライしようかと考えています。

さて今週から仕込み銘柄を公開することとしました。
大穴狙いで購入しているのが 4240のクラスターテクノロジーズ  有機ELの印刷方式需要に対応する独自技術を保有しており、今後国内での有機EL製造が印刷方式主流になる可能性が高いことから購入を決断しました。
上記は10バガートピックですが、それ以外の分野でも堅調な業績となっており今期黒字化をでの上昇トレンド転換が発生すると考え仕込んでおります。

もう一銘柄。年末にヒーハイストと並べて仕込んでいたクラウドワークスですが調整局面に転換したため様子を見ておりましたが次の決算でそれなりの数値が出てくると見ておりしっかりと仕込んでおります。

相場はビットコインの暴落などバブル終焉の匂いが少しづつ出始めています。
株価もこのまま続けての上昇トレンド継続は厳しいでしょうから1月後半あたりに一度調整局面が来ると見ております。

ヒーハイストを利益確定したことで今年のスタートダッシュは良い流れとなりますが、ここで終わらぬよう次の銘柄の上昇を待ち淡々と運用していきます。

2018年1月9日〜1月12日(前週比5.16% / 年初来8.06%)/ 連騰からの調整入り?!

今週も引き続き上昇が続きました。週後半は流石に調整の色が出てきましたが
それでも相場はかなり勢いのある状況を維持しているようです。
株以外のところでは円安とビットコインの下落あたりが気になるところです。
そのあたりの情勢が悪化してくると株にも影響が及んで来るのではないでしょうか・・

ただ日経平均の調整局面で新興株へ資金が流れ込む可能性はあると見ているので
もうワンステップ上昇トレンドが継続すると期待しております。
また2月にかけて決算シーズンに入っていくことも考えると銘柄の選定次第でよい流れは作れそうです。

今週は新規取引は一切行いませんでした。
新規で仕込み中の2銘柄については地合いを見て調整局面がもう一段来たタイミングで買い増しを考えています。 来週も相場がこのペースで上がるようであれば一旦利確して再インも視野に入れています。

決算発表で言うと1401エムビーエスが上方修正を発表
https://kabutan.jp/stock/news?code=1401&b=k201801100077

納期ずれによる売上高の減少があったもののその他の数値はよい流れです。
期待が高かった分価格の調整が入りましたが1000円が射程圏に入ってきたと見ています。もう一回調整が来てくれれば買い増ししたいところですね。

保有銘柄は後は2月決算ばかりですのでしばらく様子見ですが、4783 日本ダイナミックは決算前に新高値を更新しそうな気配です。